独立後、呑気に暮らせるようになるために留意すべきこと

不毛なものに関わらない

前ページより続き

独立したばかりの頃は、期待とともに不安で一杯で、初めて一人ぼっちになって心細い状況にあります。
 不安な人間の心理として群れたくなります。そこで、同じような診断士が集まって群れたり、誘われて何も考えずに行けば日銭を稼げるところに行ってしまいがちです。

 私も独立当初は同様の状況でしたので、仕事をくれる親切な先輩を探し求めて、あちこちを出入りしていました。
 情報収集目的や、試行錯誤でそれも必要ではありますが、いつのまにか本来の目的から外れて、心細いから群れているだけの要素が多いことに途中で気が付きました。
 
 私が独立した時に「仕事は絶対に断るな」、「最初は無償でもなんでもやれ」というような助言を受けていました。そうやっている内に信用もでき、いつのまにか何か得意分野ができて食えるようになるというような話です。
 団塊世代の滅私奉公サラリーマンの成功談みたいな話で、日本人好みの道徳的美談ではありますが、それでは、ほぼ他人任せ、自分の専門すら自分で決めない何もコントロールしていない状況に近いと思います。
 独立により獲得した「時間」「意思決定力」「機動力」という無形資産が活用されていない状況です。
 それで、診断士グループの仲間内に入れて、食えるようになりました。という感じでは、もやもや感が残りますし、果たして本当に呑気に暮らせるようになるのでしょうか?
 そうやって成功した人が、企業に戦略だのSWOTだの指導するのは何か違和感を感じます。

 ビジネスとは、「顧客に価値を与えて報酬を受けとる」ことですので、自身のリスクを減らして呑気に暮らせるようになるためには、「顧客に価値を与える能力」と「その能力の顧客への認知度」を高めていくことが一番の近道です。
 これは、独立してから増やしていくべき無形資産であり、ブランド力と呼ぶべきかもしれません。

 顧客に大きな価値を与える能力があれば、報酬も大きくなり、時間的な自由度も高まります。

 例えば、頑張れば3000万稼げる状況になれば、呑気に暮らして1000万稼ぐことや、ある年に3000万稼いで、しばらく好きなことをするということもできるようになるでしょう。

 そのためには、他人任せでなく、自分の意思で何をやるかを決めて、そこに時間や機動力を集中して投入する方がどう考えても戦略的です。

 そこでまず第一に、リスク回避的に「不毛なものには関わらない」ということが重要です。
 不毛なものとは、将来のキャリア(顧客に価値を与える能力)につながらない仕事、顧客(企業)にとってほぼ無料コンサルの仕事、社会的な意義を感じないビジネスです。
 何事も経験は大切ですが、この辺とは、例えどれほどお金が稼げても、早めに卒業していくべきだと思います。

 中小企業診断士の業務範囲は、民間を含めればほぼ無限なのですから、先輩の紹介などすぐに安易な方に走らず、「活動時間」を、顧客に価値を提供して報酬を受け取る仕事に集中的に投入し、価値を提供する能力を高め、顧客に有用な情報を発信し認知度を高めるといったブランド力的な無形資産を殖やすことに使いましょう。

次ページ「一点集中」へ続く