その他

独立したら予定はなるべく空けておいた方がよい

華僑は、自分自身の予定は、なるべく空けているそうです。
そうすれば、面白い話があれば、すぐ本人と会って直接話し合えますし、商談等でもトップ同士で会えば即断即決することができ、ビジネスチャンスを先取りできるためのようです。

我々日本人は、常に勤勉とか努力とか言われて育ってきたせいか、暇なのは恰好が悪いというか、道徳的にも良くない気もして、とにかくスケジュールをいっぱいに詰め込んでしまいたくなります。
協会の会誌の中に「診断士の一日」的なものがありますが、そこでは、朝から晩まで、スケジュール一杯で、一日に何社も訪問している、という感じの人が多く、そうした毎日が送っている人達は、本当にすごいと思います。

しかし、中小企業診断士で独立して、とにかくスケジュールを埋めることを優先した生活をしていると、発展性は少なくなってしまうのではないでしょうか、多忙な生活を送っていると、チャンスに対するアンテナも低くなり、新たな付加価値を研究する時間もなければ、仮にチャンスが見つかっても全力投入できません。

資本のない個人の中小企業診断士の強みというのは、特定分野、業界等に精通した経営の専門家が時間的余裕と意思決定の早さを武器に活動できることだと思います。
余裕がある状態であれば、常にアンテナを高くして、ビジネスの研究・開発など投資的活動もできますし、体調もモチベーションも万全にできるでしょう。
また、何かよいチャンスを見つけたときは、即断即決で、すぐに全力で取り組むことができます。

よって、発展性のある活動をしようと思えば、予定は空けておく、多少の収益を犠牲にしても、時間的余裕を確保していくことが長期的には利益になると思います。

時間について補足すると、大企業において、一人専従で張り付けて研究開発を行うだけで年間数千万の予算が必要になります。そのため、資本力の乏しいコンサルタント業などのサービス分野においては相当な規模の会社でも純粋な間接部門の研究開発人員というのは、居ないか、居てもごく少数である場合が多いものです。
もし、独立した診断士が、自宅なり図書館なりで本気で1年間、研究開発をすれば、大企業であれば数千万の投資に相当します。
よって、特定分野に精通している診断士が、大企業の手が出せないニッチな分野に注力して研究開発などができれば、競争力のあるコンサルメニューを持てる可能性が高いと思います。

独立したら健康管理は最重要課題

中小企業診断士で独立して活動していく上での一番のリスクは、健康面だと思います。
診断士業は、開業に元手も必要なく、自宅兼事務所で、携帯とパソコンがあればできるため、ランニングコストも低く、低リスクな商売だと思います。

しかし、健康管理だけは要注意で、一度体を壊してしまうと、自信もモチベーションも失うし、顧客の信用も失う、さらに稼働日数に収入が比例するため、収入も大幅ダウンしてしまいます。

私も独立4年目に体調を崩して、仕事に大穴を空けたことがありますが、この時は、かなりへこみました。

独立5年目くらいまでは、不慣れなことも多く、また、社員という身分保障もなくなり誰しも将来に対し不安を持ってしまうため、気づかない内に、疲労が蓄積している可能性があります。

自分の経験から、①睡眠時間は削らない、②体調の悪い時は休む、③週に3日は運動、の3点が実行できれば、健康管理上のリスクはかなり下がると思います。

しかし、実際に実行することは難しいと思います。
せっかく来た依頼を断ることは難しいでしょう。何十人もの参加者を予定しているセミナーの講師を欠席するなんてことはできる訳がありません。具合が悪くても這ってでも行こうとするでしょう。
高熱をおして、深夜作業やセミナーなどを繰り返していたら、いつ体を壊してもおかしくありません。

特に、独立後にすぐ上手く行った人は要注意で、先輩の紹介だとか次々と仕事が入ってくる状況では負担が増大します。また、充実感から、あまり疲労を感じなくなっている可能性もあり危険だと思います。

特に要注意なことは、請負的(一式)契約の大きな業務金額の仕事などハイリスクな契約、納期の厳しい仕事、本の執筆、さらに、同時並行にいくつもチャレンジするなどです。

体力面を考えると、経験値を積んで状況をコントロールできるようになってから、手は広げていったほうがよいです。

独立数年は、例え経済的に困窮しても、少し暇な方が良いのかもしれません。

中小企業診断士と実業

個人レベルのコンサルタントというのは、日単価をベースに報酬が決定されている場合が多いので、時間の切り売りのような側面を持っている仕事です。

そのため、収入を維持するために常に動いている必要があります。
また、リスク面を見ると、顧客の事情により、突然仕事がなくなってしまう可能性もあります。さらに、体を壊すと収入が一気にゼロになり、仕事に穴を空けると信用も低下し厳しい状況になってしまいます。

そのため、個人のコンサル業では、コンサル実務で稼働しながら、同時に情報発信や新規顧客開拓を行い、さらに、健康管理にも注意するということを日々続けなくては行けません。

こういう生活は、泳ぎ続けないと生きていけないマグロみたいなもので、余裕がなくて疲れます。

私の場合、調子に乗って仕事を入れすぎた結果、体を壊して仕事に大穴を空けてしまったことがあり、関係先にも迷惑をかけ、また収入もガタ減りとなってしまい、心身ともにも落ち込んだ経験があり、コンサル単体での生活には限界を感じてしまいました。

また、あるコンサルタントの方から聞いた話ですが、コンサルタントで成功するには、仕事を選ぶこと、絶対に成功する人しか顧客にしないのだそうです。絶対に成功する人を顧客にすれば、実際、成功するので、「あのコンサルはすごい」となって、コンサルタントとして、さらに売れていくのだそうです。
しかし、仕事を選ぶようになるには、経済的な余裕がないと難しいと思います。余裕のない切羽詰まった状況で仕事をしている人は、余計、その状況から抜け出しにくくなってしまうと思います。

そのため、別の収入源があると心身ともに余裕が持てるようになります。その一つとして自分でコンサル以外の事業を始めるというのも一つです。

考えてみれば、中小企業診断士というのは、経営についての専門家で、他人の創業支援等をしているのですから、自分自身が主体となって創業し事業を行うことも選択肢からはずさない方がよいと思います。
実例としては、マーケティング調査、経理、システム販売、広告代理店などコンサルに付随して出てくるサービス業が多いと思います。私の場合は、人材ビジネスを行っています。
サービス分野のビジネスは、基本的には、初期投資が少なくて済むものも多いですし、診断士の方は、それぞれの業種業界で経験を積み、人脈もあると思うので、自分の専門領域、精通している分野などでニッチなビジネスチャンスが見つかれば挑戦してみるのも手です。

自分自身で事業を行う収入以外のメリットとして、自分自身が主体となって経営経験を積むことができることが挙げられます。自分が主体というのは、コンサルとしての提案と違って100%自分で決断し即実行できるので、仕事としては楽しいです。ただし、成功しなければ報酬はゼロですが

また、別に事業を行うメリットとして、ビジネスの種類によりますが、経営コンサルタント業よりも顧客企業にアプローチしやすいことが多いと思われます。
私の場合、コンサルとは別の事業を行うことでターゲットとしている業界との接点も増え、情報や人的ネットワークなどが比べ物にならないくらい増大しました。

また、日本は経験主義社会なので、経営経験の無いコンサルタントは信用されにくいと思います。
中小企業診断士自らが経営者でもあることで認知や信用面で、コンサル業へも良い影響があると思います。

実行段階に関わるコンサルタント

経営コンサルタント会社の偉い方から聞いたお話しですが、利益を上げるには、なるべく手切れの良い仕事をする方がよいという内容でした。

手切れが良い仕事とは、例えば、いわゆる経営診断などの仕事で、経営改善計画など報告書を書いて提案して終わる仕事です。また、セミナーや講習会も、手切れが良い仕事と言えます。
手切れが悪い仕事というのは、実行段階に関わる支援が該当します。

実行段階に関わる支援がなぜ手切れが悪いかというと、成功することが少なく、トラブルも多いからです。
具体的には、実行段階での経営改革などは、「トップが本気でやる覚悟がないと成功できないが、そういう会社は稀しかない、本気で支援したくなる会社は年に数社しかない」、という話を聞いていました。

実際に、コンサルを始めてみて、中小企業においては、ほぼ個人任せで、職務内容やノウハウが、個人ごとにブラックボックスになっている会社が多いことに驚きました。また、お互いの領域に口を出さないのが暗黙のルールになっております。
大体そういう会社は、経営計画は、会社の売上、利益等の全体の数値目標のみで、その根拠や達成のための具体論はなく、「社員一丸となって頑張りましょう」的の精神論のみです。

そのような状況の中で、実行段階の支援に関わると本当に大変です。
まずは、現状の見える化とか情報共有といった、既存の業務のブラックボックスを解消する行為には、特定の経営幹部から猛反発が起こる場合が多いです。
どれほど、事前に経営改善計画を納得していても、いざ実行に移ると豹変する人がいます。
個人のノウハウや顧客情報を公開への反発は生存本能的な欲求ですので、強烈なものがあります。

抵抗する人は、既に計画には賛成しており、理屈では勝てないため、激昂してキレる、配下の社員も含めて意図的な怠業(業務多忙を理由に出席拒否)といった行動をとるケースが多いのですが、こうなると、コンサルタントは経営主体ではないのでどうしようもありません。

実行段階の改革を成功するためには、経営トップが強い意志と関与が必要になることはお分かりいただけると思います。
しかし、理屈ではわかっても、この状況になっても、経営トップが部下をコントロールできず諦めている場合が多く、特に二代目などは古参幹部をコントロールできず、コンサルタントがコンロトールしてくれることを期待している場合も多いと思います。
「うちの社員は考えが甘い、ガツンと一発、言ってください!」みたいな感じです。

ド迫力のカリスマ熱血コンサルタントであれば可能かもしれません。それは、コンサルタントではなく経営者代行と言った方が良いと思いますが、社長は、そのコンサルタントに一生依存しなければならないでしょう。
※それが、太くて長い顧問契約を掴むこつなのかもしれませんが。

ただし、もし、経営トップが本気で会社の将来を見据えて、目標を設定し、それを社員全体で合意形成・共有し、そのための仕組みを作り実行し、計測し検証するといった、ごくごく基本的なマネジメントサイクルを確立できれば、例え停滞した会社でも、長期的には相当に伸びる可能性があるとは思います。
そうしたコンサルティングができるようになれば、本当のプロと呼ばれるようになると思います。

※研究すれば、方法論的には実現する方法はありそうです。

ただし、本格的に実行段階に関わる場合、相当な覚悟が必要だと思います。
中途半端に関わって、社内を引っ掻きまわして、失敗撤退したら企業側としては迷惑なので気をつけましょう。

主体的に動くのは難しい

何か目標を達成しようと思ったら、主体的に動かなければだめだということは誰もがわかっていると思います。
その中でも、独立して自分で商売をするということは、自分でリスクを負って、それをコントロールする強い主体性が必要とされます。

会社員の多くが「自分には主体性がある」と考えていると思います。
一方、組織に所属して業務を行うということは、自分では最終的なリスクは負わない分、どうしても他力本願的な部分が残ってしまうのですが、その自覚を持つことは難しいと思います。

そのため、大企業出身者が多い中小企業診断士の場合も、独立はしたものの、顧客にアプローチせず、知人先輩の紹介、公的支援機関、どこかの下請け、フリーランス等の間接受注で生計を立てる人がかなりの比率を占めています。
そういう私も、先輩診断士からの紹介や、公的機関からの仕事を期待して独立したので、今思うと他力本願的な発想でした。その時は、主体性が低いという自覚もありませんでした。

私の場合、独立後、診断士業界の中では仕事を受ける機会が想定外に少なかったため、コンサル会社のフリーランスの仕事をしていました。一時期は、5種類くらい名刺を持っていたこともあります。
よって、1年目から生活収支は均等でき、生活にも充実感はありました。
そうした生活が2年ほど過ぎましたが、フリーランスというのは、究極に不安定な雇用の一形態みたいなもので、仕事も業務のコントロールの面で制約が大きく、また、忙しい割には、稼げないこともあり、「このままでよいのか」と悶々としてきました。

ある時、何気なくコンビニで立ち読みした本(7つの習慣の概要版みたいな)に、「主体的に行動すること、他力本願の人間は何も達成できない」、というようなことが書いてあって、自分の状況に当てはめて考えて、かなり衝撃を受けました。
私の場合、独立3年目で自分が、他力本願であることを、自覚できました。

ようやく、主体的に動く覚悟を決めたのですが、しかし、いざ主体的に動くといっても、なかなか上手い方法はみつかりません。
とりあえず「顧客から直接仕事を受けること」というのは、私の中の希望であったため、まずは、顧客の認知を高めたり、オンリーワン的な価値を提供できるようになることを目標としました。

そのため、仕事を減らして、図書館等に通って研究したり、コンテンツを作ったりしていました。

その結果、仕事を減らしたこともあり収入面でさらに落ち込んでしまいかなり危機的状況がありましたが、その後、まいた種が芽吹くように、いろいろな機会が巡ってくるようになりました。

何が言いたいかというと、3年目で主体的に動く決意をして行動始めてから、いろいろなものが見えて来ました。

また、もっと若い頃、30代の前半くらいから、主体的に動く覚悟ができていれば、と惜しく思うことがあります。

結構多いのんびり系 中小企業診断士

中小企業診断士で、30代40代で独立された方で、独立目的が「のんびり暮らす」という人は、意外と多いように思います。
公言しているのを聞いた訳ではありませんが、あまり稼げていないように思われる人でも、独立後の方が、明らかに人生はエンジョイしています。

こうした人は、サラリーマン時代に体を壊したことが独立のきっかけであったり、あるいは、独身実家暮らしとか、もともと裕福な環境で、経済的リスクからは開放されているような人が多いようです。
スローライフ志向というものに近いのかもしれません。

考えて見ると、中小企業診断士というのは、のんびり暮らすのに向いている資格のように思えます。

初期投資ゼロで始められる上に、サラリーマン的な組織の悲哀や、通勤等のつらさからは開放されます。また、稼げなくても仕事はなかなか面白いですし、成功すれば稼げる可能性もあります。さらに、客先からは先生と呼ばれ、法人化すれば代表取締役、30代くらいなら青年実業家です。

例え有名企業に勤めるエリートだったとしても、一度組織をドロップアウトしてしまえば、ステータスも収入も落ちてしまうのが普通ですが、診断士で独立する場合、リスクは少なめ、生活自由度は大きく、一応の肩書きステータスあり、収入だけがリスク、自分次第といった感じなので、「のんびりに暮らそう」という人にとっては、向いている資格と言えます。

大学生と中小企業診断士

大学生で中小企業診断士受験を考える人は少ないようです。

大学生の場合、士業資格というと認知度やステータスが高い公認会計士、司法試験などを狙いたがるようです。しかし、これらの超難関資格に挑戦すれば、大学生活を犠牲にして勉強しても在学中の合格は難しい上に、在学中に合格できず、卒業後も、就職せずに勉強した場合、合格できればまだ良いですが、合格できなければ悲惨です。さらに最近は資格者過剰ぎみで合格してからも大変になっています。

そうした難関資格に比べて、中小企業診断士は、大学生が狙うには良い資格だと思います。
理由は、取得のしやすさです。
具体的には
・実務経験等関係なく誰でも受験できる(文学部や理系の人も可能)
・合格までの総勉強時間は2000時間程度、学業やサークル活動、アルバイトなど学生生活と両立しながら合格できる可能性が高い(学生生活がエンジョイできる)
・在学中に合格できなくても、就職後も働きながら取得可能、また、一次試験に合格していれば、大学院でMBAと診断士を同時に取得できるコースもある。

次に大学生が中小企業診断士を取得するメリットとしては、次のものが考えられます。
・就職活動でアピールポイントになる。メーカー系大企業や金融機関、公的支援機関などは有利に働く可能性が高い
・就職後も、配属や職務で機会に恵まれる可能性がある
・経営・マネジメント知識を実践的に身につけることができる(マネジメントの知識はどこでも必要になる)
・就職後も診断士協会など、通常の会社員とは違った人脈がもてる。

また、実務経験のない大学生が診断士を取得しても無駄という意見もあるようですが、私は、早いほどよいと思います。
なぜなら実務経験を積んだ上でマネジメントの勉強をするよりは、マネジメントの基礎知識を持った上で、就職後に実践の場として実務経験を積む方が能力は早く伸び、仕事の成果も大きいものになるからです。
結果として個人の評価も上がり、社内でさらによい機会に恵まれる確率が高まります。こうした良い循環が達成できればキャリアを積みやすいと思います。ただし、継続的に努力できることが前提になります。

また、注意点は、資格を自慢したり、プライドが高くなったり、難解な経営用語を並べたり、理屈っぽくなってしまうことです。社内で生意気な若手として嫌われてしまうと、診断士を持っていることが却って逆効果になる可能性がありますので、気を付けましょう。

中小企業診断士と転職

よりよい転職をするために中小企業診断士を取得する人も多いようです。
私は人材ビジネスを行っていることもあり、普通の人よりは転職については詳しいとは思いますので、中小企業診断士の取得が転職に有利になるか考察してみたいと思います。

まず、中小企業診断士の求人、人材需要ですが、一般の求人では、必要資格として中小企業診断士を指定しているものはあまりありません。しかし、他の資格と併記して、保有していると望ましい資格として挙げられているものは見られます。大体が、ITコンサルや銀行とかメーカーなどある程度診断士の知名度がある分野です。
ただし、求人年齢が30代前半くらいまでのところが多いのが現実です。

実際に、中小企業診断士の取得をきっかけに、大手の投資銀行やコンサルタント会社に転職した人は、私の周りでは20代後半の人達です。
30代前半くらいまでであれば、診断士の保有は転職にはかなり有利になると思います。
それ以降の年代ですが、以前は、転職35歳限界説がありましたが、最近は転職市場も高齢化しており、30代後半くらいでも中小企業診断士を持っていれば転職には有利になると思います。

次に40代以上の世代ですが、難関資格や経歴・能力を持っていても大企業(日本企業)への転職は難しいものがあります。
なぜなら、40代以上の年代になると、管理職、マネジメント層に該当してきますが、年功的な価値観の強い日本企業はマネジメント層を外部から採用するようなことを嫌います。年功序列的な会社の管理職は、滅私奉公の功労賞みたいなものです。
誰でも、中途採用者が自分の上司になったら嫌でしょう。また、年上の人間を部下に持つこともあまり好まれません。
そのため、中高年の大企業の人材需要は、あるとすれば、主に特定分野の専門家、役職はついても実際には部下がいない「名ばかり管理職」で、即戦力として部下なしで業務を行うことを求められるような仕事です。

40歳以上の中高年でもマネジメント人材として転職可能性があるのは、外資系企業とかベンチャー企業系の新事業立ち上げマネージャー募集のような求人です。資格より実績が重視されます。
挑戦してみるのも面白いと思いますが、不安定・ハイリスクであり、安定した大企業のサラリーマンが転職するには相当な覚悟が必要だと思います。

次にコンサル会社などへの転職ですが、国内系コンサルタントやシンクタンクなど働いている人の中には、中小企業診断士保有者は結構います。しかし、入社後に自己啓発として取得したケースが多いと思われます。
コンサル業界では診断士を表に出して仕事する訳ではないので、診断士を持っていても社内の評価が上昇する訳ではなく、やはり経験・実績が重視されます。
20代であれば、中小企業診断士を持っていれば、努力や基礎知識の証としてコンサル会社への就職に有利になると思います。

稼いでいる中小企業診断士の仕事のパターン

中小企業診断士同士でも、収入や単価の話になると口が重くなる人が多いのですが、一部、稼いでいることを公言している人も存在します。
こうした稼いでいる人の仕事のパターンをまとめてみました。基本的には下に行くほど稼ぎやすくなります。

① 稼働日数が多い人
単価は低くても、稼働を上げることで稼いでいる診断士の方がいます。例えば、支援機関のプロマネ等を二つ以上かけ持ちし、土日や夜間に、セミナーや執筆、コンサルの仕事も行っているような人ですが、かなり稼げるでしょう。
恐らく年中無休になりますが、このタイプの人はそれを喜びとしているように見えるので、ハードワーク好きで体力に自信がある人向きです。

② 高単価の人
セミナー1回報酬50万円など、ずば抜けて高単価な人や、顧問を10社持っているというような診断士が稀にいます。
私が知っている範囲では、有名企業の役員や幹部クラスだった人が多く、影響力、ブランド力からして診断士でなくても良いのかもしれません。

ここまでの診断士に共通する点は、パワフルな方が多い点だと思います。こればかりは、マネしようとしてもできません。さらに続きます。

③ 一式(請負いや業務委託契約)で受注が出来る人
日単価ベースで報酬を貰うやり方は、リスクは少ないものの、稼ぎにくいやり方です。一式請負(総価)で受注できれば、リスクは格段に増えますが業務金額は大きくなります。
診断士でグループを組んで行政や企業から業務受注しているケースもあります。
またコンサル会社やシンクタンク系などの調査・研究では数千万の案件も少なくありませんが、その下請けとして業務の特定部分を一式で受ければ、1件で数百万以上にはなるでしょう。この場合、個人でも実施能力がある人は可能です。(経験者でないと難しいと思いますが)
年間、何本かこなせばかなりの収入になります。

④ 顧客に直接アプローチできる仕組みを持っている人
受注力のある人は強いです。さらに、実作業部分を協力してくれるパートナーがいれば売上を上げやすいでしょう。
また、見積もり競争なしで顧客に直接アプローチして受注ができる場合は、利益率が高くなります。
その場合、何らかの分野に特化して独自のコンサルメニューを持っているケースが多いと思いますが、診断士業と相性がよいのは、業種特化系、セミナー系、助成金支援などでしょうか。
診断士業というよりコンサル会社の経営者と言った方が適当かもしれません。

⑤ コンサルタントとは別の事業を持っている人
幾ら受注力があっても、日本は、提案や知恵に対してお金を払う文化が希薄なので経営コンサルタントは稼ぎにくい商売だと思います。よって、コンサルタント会社は他にも事業を行っているケースが多いです。
基本的には、コンサルティングの実行段階に必要になるもの、経理・人事・労務、マーケティング調査、広告業、ITソフトやシステム販売なども合わせて提供できれば、収益を上げやすくなる可能性があります。

さらに、士業とは関係ない分野で創業する人もいます。これはもともとの専門領域がある人や、多様なビジネスモデルに接する内に、ビジネスチャンスを見つけて自分で始めてしまうケースです。
チャンスが見つかればいろいろやってみるのも面白いと思います。ただし、顧客や仲間のアイデアを盗んだり、利害を侵害しないことに留意すべきです。

中小企業診断士の収入・年収

ネットや診断士の資格本などでは、独立している中小企業診断士の平均年収800万円というものをよく見ますが、かなり眉唾な値だと思います。(あくまで一個人の感想です)

年収800万の根拠は、公的機関によるアンケート結果がもとだと思いますが、こうしたアンケートの多くは有効回答率が低く、また、年収の概念、範囲があいまい、ある程度売れていることを前提(業務日数が少ない人を除外)として調べていたりします。

私にもアンケートが来たことありますが、いろいろと細かく記入する必要があり、自身の情報提供するのはかなり心理的抵抗があります。そのため、アンケートは、上手くいっていない診断士の回答率は低いと思います。さらに、士業以外の収入や、見栄が入った回答が混じっていると思います。
※年収は過去の最高によかった時の数字を答える人が多いのではないでしょうか?

実際に独立している診断士同士では年収や単価の話はタブーのようになっていて、あまり聞けません。一方、少数ですが高収入を公言している人もいます。

私などは、以前、低収入や仕事がないことなどネタにしていましたが、自虐ネタは本当に馬鹿にされてしまいます。

独立している中小企業診断士の年収を考察すると、公的支援機関の業務報酬は、一回1~5万位ですが、平均単価3万円の人であれば、年間100日稼働で300万、200日稼働しても600万円です。200日稼働というとかなり忙しい状況になります。

いわゆるプロコンの定義で言われる年収1000万ですが、達成するには、日単価5万円の人で200日稼働、日単価10万円の人が100日稼働してようやく1000万円です。日単価10万円の経営コンサルを年間100日というのは、移動や下準備を含めれば、最低でもその倍(200日)以上は拘束されると思います。
独立していれば、研究や、営業、総務など直接のお金にならない間接部門も全部自分でやらなければならないので、そうした活動等も含めれば相当過酷な生活です。

独立するということは、社会保険は自己負担、退職金なし、来年はどうなるかわからない、病気になれば収入ゼロという状況なので、自己負担やリスクを換算すれば、年収の半分が実感として感じられる収入ではないでしょうか。
中小企業診断士は、大企業に勤めていた人が多いですが、実質収入でサラリーマン時代を超えるのは大変だと思います。

中小企業診断士業は、稼ごうというよりは、仕事自体に、やりがいを感じられる人でないと難しいでしょう。