4.独立する場合の中小企業診断士のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コンサルタントとして独立する場合は、特に資格は必要ないのですが、コンサルタントというのは、世の中でもっとも怪しい職業と思われているので、よっぽど知名度や実績があるか、あるいは明確なサービスメニュー(セミナーとかコンサルなど)を持っている場合以外は、企業にはほとんど信用してもらえないと思います。

以前に有名企業にいて、そこで活躍していたとしても辞めてしまえば、ただの人です。能力を証明することは難しいのです。

中小企業診断士を持っていれば、都道府県の中小企業支援センターや商工会など公的支援機関の専門家登録できるメリットがあります。登録=業務が保障される訳ではないですが、国家資格+公的機関の専門家であることは社会的信用にはプラスに働きます。

また、診断士会の研究会活動や独立診断士のNPOなどネットワークを通じてノウハウや、仕事を得ることができます。

コンサルタントとして独立する場合には、中小企業診断士は持っていて絶対に損はないです。

※中小企業診断士で独立して喰えるかどうかは、別コーナーでやります。

SNSでもご購読できます。

RSS 中小企業庁

コメントを残す

*