Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中小企業診断士によるМ&Aビジネスの可能性

中小企業診断士で、М&Aは、事業継承支援における出口として関わったことのある人は多いと思いますが、М&Aコンサルティングをメインの活動領域としているとしている人は、極少数という印象です。
 個人的にはМ&Aビジネスは中小企業診断士の能力が生かせる局面が多いと感じています。
 中小企業診断士による中小・零細企業のМ&Aビジネスの可能性について、考察してみます。

大廃業時代とМ&Aの意義

 今後は、大廃業時代と言われて、日本企業全体の1/3、経営者が70歳を超える企業の内、127万社が後継者未定の状況になる恐れがあるそうです。(中小企業庁発表 2025年予測)
 また廃業企業の半分が黒字という話もあります。(東京商工リサーチ調査)

 ということは、後継者が見つからず、突然、黒字廃業するような事態が、毎日あちこちで起こっているわけです。
黒字廃業というのは、従業員は職を失い、銀行は貸付先を失い、顧客は調達先を失い、下請け・納入業者は顧客を失い、オーナーは会社を失い、利害関係者からは恨まれるわけです。 
利害関係者全員が大損、金銭的にも心情的にも、むなしいものです。

一方で、М&Aによる事業承継は、やる気も経営資源、経営能力もあり、また、シナジー効果も生かせる会社が事業承継することになり、前記の利害関係者にとって、すべてが得する場合が多いのです。
また、オーナーも売却により創業者利益を確保でき、育てた会社が存続し、発展する可能性もあるのですから、廃業に比べれば満足感も高いでしょう。
そのため、М&Aコンサルティングは、とても社会的意義が高く、やりがいのある仕事だと考えています。 

次ページへ続く 
М&Aは売り手市場