Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中小企業診断士

中小企業診断士独立体験記 その5 再始動の5年目

半年も療養のため休業していましたが、専門サイトや会社のホームページを整備してあったこともあり、休業中も毎月数千人がサイトを訪れて、こちらは何もしなくてもどんどん営業してくれます。
ネットというのはありがたい、本当に作っておいてよかったという感じです。

ようやく復活して、仕事を再開しましたが、どうもモチベーションが上がりません。
療養中に、一緒に剥がれ落ちていってしまったような感じです。

ビジネスの原理は、顧客に価値を提供して、報酬を受け取るものですが、主体的に動き出してから、そういうシンプルな視点で、いろんな物事を見るようになってきました。
間接受注で、顧客創造に対して責任を負っていないときは、どこか中途半端でしたが、直接受注を目指すようになってから、こうした匂いに対して敏感になってきました。

断片的な事象、情報、悩みとか、要望等からニーズに対して深く考えるようになりました。
どうすればお役に立てるか、価値提供ができるか、どんどんアイデアが湧いてくるようになり、興味の対象がそちらに移ってきました。

また、コンサルタントのような、時間単価ベースの仕事に専従することについては、限界を感じるようになってしまいました。リスク管理的にも仕組みで儲けるような部分も持つべきとも考えていました。

そこで、もともと取り組んでいた人材ビジネスに注力することにしました。
専門サイトとの連動など人材サイトに人の訪れるような仕組み作りや、また、相談者に対して親身になって、相談に乗ったり、いろいろやっていました。
また、大手の人材ポータルサイトを運営している各社(○○ナビみたいな)が営業に来ます。業者向けの有料サービスが結構あるんです。

そこで、いろいろ質問して情報を仕入れたり、試しに使ってみたりもしました。
また、顧客とする企業からもたくさんの問い合わせがあって、数百人クラスの会社の経営陣や社長などと直接やり取りするのも普通になってきて、ネットワークが広がり情報がどんどん集まるようになってきて、キャリアアップのお手伝いをして、感謝されて、収益にもなるビジネスが、面白くて、夢中になりました。

そんな感じで、5年目終わってみれば、半年休業したものの収益が過去最高でした。といっても、それまでの4年間が低かったので全然大したことないですが、構想通りのビジネスで収益を上げることができたので満足でした。
その後は、人材ビジネスにはまってしまい、重心は、そちらに移っていきました。

独立体験記として、こんな感じです。

今、思えば、独立当初に、仕事を次々に紹介してくれる先輩診断士に出会えなかったことについては、私の性格上の問題が大きいような気がします。見るからに生意気そうな新人に仕事を出す人も少ないと思います。
もし、誰かの下についても上手くいかなかったような気が自分でもしていて、先輩方も敬遠したのかもしれません。
過去に、礼儀にこだわる先輩方を怒らせた経験が何度かあるので、却ってよかったと思っています。

人の縁に恵まれないかと言えば、そうでもなく、特に、独立当初、診断士ネットワークからの受注がなかったからこそ、経営コンサルタント会社にフリーランスで拾ってもらって、かわいがってもらえたこともあり、これは決定的に幸運だったと思います。また、診断士のネットワークは受注にはあまり結びつきませんでしたが、診断士の研究会やその後の飲み会で聞かせていただいた話は大変役に立ちました。
また、技術コンサル時代の上司、同僚など、仕事を振っていただいて生計を維持するのに助かりました。
そのほかにもいろいろな縁や幸運に恵まれています。
捨てる神あれば拾う神あり、世の中は、なるように出来ているような気がします。

独立から現在を振り返って見ても、落とし穴には落ちましたが、大変ラッキーな人間であったと思います。
ただ、リスクを取って挑戦してきたからでもあり、運も実力の内ということで(笑)

独立して成功したかどうかは別として、独立当初はゼロスタートという感じで、試行錯誤でバタバタしていて、何とも楽しかったです。貴重な体験ができて独立して本当によかったと思っています。

この体験記が、誰かの参考になれば幸いです。

私の今後ですが、診断士の勉強を開始、独立、人材ビジネス、と5年節目ごとに新展開しているのですが、そろそろ次の5年目になりますので、新展開を狙って、いろいろと活動を開始しました。

中小企業診断士の研究会にも再び参加しだしたので、どこかで会うこともあるかもしれませんね。

中小企業診断士独立体験記 その3 ノリノリだった4年目

3年目にしてようやく主体的に動く覚悟を決め、誰かに頼るのではなく、顧客に直接アプローチすることを目指すことにしました。

独立してから2,3年の診断士やコンサルタント経験において、やる気のない相手に対するコンサルタントほど意味のないものはないと痛感していたので、プッシュ営業と、無料サービスの二つは絶対にやるまいと決めていました。
この二点を守れば、しっかり自腹で報酬を払って、本気でコンサルサービスを受けようと思う人だけ顧客になるはずです。
よって、戦略としては、webによるプル戦略で、提供する価値としては、業種特化のコンサルメニューを整備することにしました。

そこで、収入が減っても無理に仕事を入れず、専門サイトのコンテンツを地道に書き続けました。
また、コンサルメニューやセミナーメニューは作るのは結構しんどいことに気が付きました。いろいろ想定してああだこうだ考えだすと、なかなかサイトに載せる度胸が湧きません。

そこで、手軽にできるものとして経営相談(二時間程度)、報酬3万円(交通費等実費は別)というサービスをやってみました。また、一般向けに無料キャリア相談というのも始めました。(これは顧客ではないので無料です。社会貢献の意味もあります)
ただ、すぐに成果はでませんでした。3年目は、先にも述べた年収200万で最低でした。

自分の中では、これしかないし、いずれ好転する確信がありました。なんとか家族の不満を抑えて踏ん張っていました。

4年目に入ると、運営している4つのサイトは、それぞれ80記事くらいにはなりました。
すると、PVで毎月数万単位、アクセスで数千人レベルになります。50回以上もアクセスしているリピーターも相当数になります。
業界に特化したサイトで、私がメインターゲットとしている業界は10万人くらいの従事者ですが、毎月数千人が見ているとなると、業界内の認知度はかなりあるはずです。
これは、何か起こるぞ、とワクワク感がありました。

その内、期待通り、いろいろな反応がではじめました。
経営相談や、一般向けの無料キャリア相談の他にも、いろんな要望がありました。
意外と、IT系の上場企業からの経営参画依頼や、外資系の有名どころからパートナー依頼が来たりしました。
が、独自路線を行くことに決めたので残念ながら断りました。もったいない話です。
あと、英語ですね。英語でのやりとりを求められることもあり、断った案件も結構あります。もっと勉強しとくんだった~。
こんな感じで、収益にはあまり繋がらないものの、ターゲットしている業界の人との交流が増えていきました。
もともとの出身業界でもあり、詳しいつもりでしたが、交流を通じて、みんなの悩みや、業界動向、ニーズなど新しい知見が入ってくる感じでした。

そうすると、目の前に、ニッチな分野のビジネスチャンスがいくつか転がっていることに気が付きました。
自分の強みが発揮できる内容で、成功確率は高いと思いました。
その一つが人材ビジネスでした。
その頃、図書館を仕事場にすることは卒業して、地元の創業支援施設(コワーキングスペース)を仕事場(支援される側です)としていましたが、そこで、人材ビジネス出身の人と仲良くなり、いろいろ教えてもらったりもしました。

それまで、個人事業でしたが4年目に法人化しました。会社名は「建設経営研究所」としたのですが、seo的に「建設」と「経営」を入れたかったので、この会社名にしたのですが、あまりに大それた名前で、もう少し普通にすればよかったと後悔しています。

そうして、着々と新展開の準備を進めていましたが、どういうわけか、4年目になって、専門家派遣や、技術コンサルで、高単価な引き合いが結構来るようになりました。

その4につづく

中小企業診断士を独学でとろう!

本サイトは、中小企業診断士独学合格法を中心に、中小企業診断士取得後の話、中小企業診断士の独立について情報を提供しています。


 


 私は、33歳から4年間の独学の末、診断士に合格しました。一般の人より長い期間を要していると思います。


 元々が技術系の人間なので、勉強当初は経営分野の知識は皆無でしたが、試行錯誤の末合格することが、できました。


 独学のためずいぶん遠回りもしていますが、失敗談も含めてどうすれば効率的に合格に辿り着けるか、勉強方法を公開したいと思います。


 中小企業診断士は、素晴らしい資格です。皆様も本サイトを参考にして合格してください。


 


 また、現在独立しております。独立後の中小企業診断士の世界についても、あくまで、私の経験と主観をもとに実態面を書いて行くつもりです。


 


情報は、順次充実させていきますのでよろしくお願いします。

独立にコンサルタント経験は必要か

中小企業診断士で独立する場合、経営コンサルタント経験なしで独立可能かという点は気にしている人が多いと思います。

私の場合は、元もと技術分野のコンサルタントでしたので、厳密に言えばコンサルタント経験はありましたが、経営コンサルタントの経験はゼロで独立しました。
そして、独立当初は、経営コンサルタント会社のフリーランスとして、その会社の名刺を持って仕事をしていました。
その時は、経営コンサルタント会社の人から、私の無謀さに呆れられるとともに、「コンサル経験なしで独立してやれるわけがない」「過去に会社(経営コンサル)を辞めて独立したコンサルタントでも成功したのは僅か」と聞かされていました。
それを本業としている人には、未経験で独立なんて、甘すぎるように見えて当然かもしれません。

ところが、独立して活躍されている中小企業診断士を見ると経営コンサルタント会社出身者は意外と少ないことに気がつきます。

意外にも有名なシンタンク・コンサル出身で海外MBAを持っているような人が苦戦したりしています。
コンサルタント会社出身者で日単価10万、20万だった人が、日単価2万円の公的支援業務などはやる気が起こらず、いきなり高単価のビジネスをやりたくなると思うので、苦戦してしまうのかもしれません。

よく中小企業診断士のプロコンの定義で売上1000万と言われますが、独立している診断士で収入1000万なら上位10%に入る位に十分成功している方だと思います。(勝手な思い込みです)
個人のコンサルタントとして活動する場合、まずは、そのくらいのスケールを目標として活動した方が成功できると思います。

コンサルタント経験がなくても成功する人は、特定の業種や分野に精通している人が多いので、地道に小さなビジネススケールで試行錯誤しながら進めやすいのだと思います。(コンサルタント業務には定形がありません。人それぞれのやり方があります)

また、メーカーとか金融機関の出身者などは、独立しても以前の会社と競合関係になることは少なく、以前の勤務先関係者と人的ネットワークを維持している場合も多く、大手企業出身者などは、過去の人脈だけで生計が成り立つ人もいます。

当然、成功できるのは一部ですが、中小企業診断士が独立するのにコンサルタント経験は必須ではないと思います。

中小企業診断士は地方の方が仕事がある?

中小企業診断士は、本来は行政による企業に対する公的経営支援を行うための専門家であったこともあり、今でも公的支援機関の経営専門家派遣や相談員、プロマネなどは診断士が多くの比率を占めています。

多くの独立した新人の診断士が公的支援機関の仕事を当てにしていますが、大都市圏では新人の診断士が公的支援機関の仕事に食い込むのは難しいのが現実です。
私の場合も、独立当初いろいろ努力しましたが、公的支援機関の仕事はなかなか頂けませんでした。

大都市圏が厳しい理由は、独立している診断士が、東京など大都市に偏重しており過剰供給状態だからです。
公的機関の仕事に、多くの診断士が群がっているような状況です。また、各地域やNPOなど診断士のグループを作って業務を受注しており競争が激しいようです。

一方、公的支援というのは、全国の機構や県の支援センター、市町村、商工会、あるいは地銀関連など全国津々浦々で行われており、診断士の少ない地方では、公的支援機関の仕事につきやすい現実があるようです。
また、大都市に拠点がある民間コンサル会社は、移動等に時間やコストがかかる地方において、中小企業向けの経営コンサルタントやセミナーは、採算が合わないので手を出しにくく、民間の経営コンサルでも競合が少ない穴場といえるかもしれません。
よって、本来の中小企業診断士的な業務、公的支援機関の業務や地域密着型の経営コンサルタントを志向している人は、競合の少ない地方で開業するのも一つの手かもしれません。
私の知っている人では、地方に移住してしまった人もいます。

公的支援機関からのお仕事について

中小企業診断士は、もともと行政による産業育成政策実行のための資格であったこともあり、公的支援機関の仕事は、今でも診断士が占める比率が高いと思います。

昔は、公的支援機関の予算が豊富で仕事が多く、また、診断士の数も少なかったので、独立直後の新人でも公的支援機関から仕事を受けることは難しくなかったという話を聞いたことがあります。

しかし、現在は、独立直後の診断士が公的支援機関から仕事を頂くのはかなり難しくなっています。
私も独立当初、公的支援機関の業務にいろいろ応募や登録したのですが、さっぱりだめで、独立数年後に、少しずつですが仕事がくるようになりました。

現在の公的支援機関関連の業務は、中小企業診断士のグループが、支援機関の窓口となっていることが多く、そうしたグループに所属しないと基本的に仕事が貰えないところが多いようです。
また、診断士のグループに所属しても、新人はボランティア的な仕事しか貰えないケースも多いと思います。

しかし、公的支援機関によっては、顧客の持ち込みや顧客に専門家を指名してもらうことができる機関もあり、
診断士のグループに所属しなくても公的支援機関から仕事を頂くことは不可能ではないです。

ただし、持ち込みや指名をしてもらうためには顧客に直接アプローチできる能力が必要になってきます。
また、独立2年以上経たない専門家には発注しないという裏?ルールがある支援機関が結構あるようで、独立数年は、公的機関からの受注がかなり難しいかもしれません。

中小企業診断士とのダブルライセンス

中小企業診断士取得後に、別の資格を狙う人が多く見られます。
組み合わせとしては、社会保険労務士、事業再生系の資格、IT系の資格が多いようです。最近はMBA取得を目指す人も結構います。
診断士が資格取得に走る理由としては、独立している人の場合は、信用や受注機会を増やそうとするためというケースが多いようです。
企業内診断士の場合、診断士合格時の嬉しさが忘れられずに、難関資格へのチャレンジにはまってしまうという側面もあると思います。

また、最近は、会計士・税理士や弁護士などが、次の資格として中小企業診断士を取得するケースも多いようです。
これらの超難関資格も厳しい状況になっていることが伺えます。

個人的に診断士業と相性が良いと思えるのは社会保険労務士です。人事、労務系のコンサルティングには有利に働くと思います。また、メリットとして行政関係の窓口相談業務を受けやすいこと、顧問契約において経営顧問より人事労務顧問の名目とする方が受注しやすいという話を聞いたことがあります。

ただし、個人的には、独立後に仕事がなく、受注機会を増やすために他の難関資格取得を目指すのはあまり勧めません。

難関資格を並べても「すごいですね」と言ってもらえるかも知れませんが、それで、仕事が来ることはあまりありません。
実際に、私は中小企業診断士・技術士のダブルライセンスですが、中小企業診断士業界の中で受注機会に恵まれたことはほとんどありません。
時間があるからと言ってさらなる難関資格取得に時間を費やすことは費用対効果が低いと言えるでしょう。

それより、自分独自のコンサル・セミナーのメニュー構築や、認知向上のために顧客向けの情報発信をしていく方がずっと効果が大きいと思います。
そのためには、必然的にいろいろ勉強しなくてはなりませんが、そうした活動の延長で他の資格を取得するなら合理的です。

ダブルライセンスで得したことは、診断士業界ではあまりありませんが、顧客に直接アプローチするような活動においては、信用面での効果があったと思います。
そのため、業種特化型のコンサルティングを行うような人は、中小企業診断士と併せて、その業界で認知度がある資格を持っていると、いろいろと有利になると思われます。

企業内診断士が副業を行うときの注意点

私自身は、中小企業診断士取得後、当初、副業として診断士活動を行うつもりでしたが、会社が副業禁止であり、会社側の理解が得られず独立した経緯があります。
最近は、副業を認める会社も増えてきているようですが、仕事をしながら副業として診断士活動を行うことは、注意が必要であると思います。

なぜなら、日本企業の多くは、個々の職務範囲、権限と責任の所在も曖昧な中で、会社への忠誠心と社内の人間関係を重視しながら、全体として上手くまわっていくシステムです。
また、最近はどこの会社も能力・成果主義等を掲げていますが、多くの会社では、現実的に個人の業績を測定することは困難な中で、上司との関係や会社への忠誠度などがかなり加味された「自称成果主義」になっており、上層部はこうした仕組みの中で出世した人達で構成されている場合が多いのです。

よって、歴史の長い企業では、会社への先鋭的忠誠心を持つ人が必ずいます。特に大企業の中高年世代の会社への忠誠アピール合戦はすさまじいものがありますが、新卒から何十年も社宅など厚い福利とともに、公私とも会社の世界で生きてきているので、先鋭化していくのも仕方がないとは思いますが、とにかく融通の利かない人が多いものです。

どれほど本業に影響がないように注意して副業活動をしていたとしても、副業に対して、こうした先鋭化した人の批判を免れることは難しいのではないでしょうか。
もし、副業が成功しそれなりの収益を得たとしたら、許し難い行為に思えるかもしれません。

社内の無用なトラブルを避けるためには、副業活動には、相当な注意が必要だと思います。

例えば、基本的には副業活動は社内には秘密にすること、もし副業が社内にばれて、いろいろ聞かれても、間違っても「儲かって」なんて話はしない方が得策で、たまの休日の趣味程度、収益はゼロというような説明にしておくのが無難です。

家族持ちの中小企業診断士の独立について

中小企業診断士の独立において一番の障壁になるのは、恐らく家族の賛同が得られるかどうかだと思います。

私の知っている範囲では、30、40代で独立している人は、独身者か既婚でも共働き・子なし、あるいは、もともと経済的な不安のない方(実家が裕福)がほとんどで、普通の家族持ちの人は、家族の同意を得ることの困難さが推測されます。

実際は、診断士という商売は、資金や設備投資が必要なく自宅でパソコンだけあれば始められるので、仮に独立し失敗しても、前職同等の条件で他社に再就職できる人ならリスクは転職程度のものといえるでしょう。

しかし、ほとんどの人は商売全般に対して、独立→借金→失敗→破産のイメージが強く、また、有名企業に勤める人の家族は、安定とステータスを失うことに対して反発も大きいようです。
こうした一部誤解もあり、家族を説得するのはかなり難しいと思います。

また、なんとか家族が賛同してくれたとしても、サラリーマン時代より収入が大きく減少した状態が1年、2年と続くと、家族から不平が出てくると思います。
本人は、3年計画くらいで考えていて、例え最初の3年くらいは、稼げないことを予め家族に同意を得ていたとしても、実際に家計の持ち出しが1年以上も続くと、そんな約束はどこかに吹っ飛んでしまうものです。

家計の持ち出し、日々預金が減っていく状況というのは、想像以上に不安が大きくなるものです。
そのため、家族持ちの方が独立を成功させるためには、独立後すぐに家計の収支を均等させる目処を立てることが重要になります。
退職前の給与レベルに到達はできなくても、家計の持ち出しがなければ、不平不満は少なくなるでしょう。

診断士業にこだわる必要はありません。もともと専門がありフリーランスなどで月の半分も働けばそれなりに稼げるような人は有利です。そうすれば、じっくり腰を据えて長期的な活動ができるので成功確率はぐっと上がるでしょう。

1.中小企業診断士として独立を考えている人へ

“独立!”、“プロコンサルタント!”甘い響きがありますよね。

現在、企業内診断士であったり、あるいは診断士取得を目指して勉強中で、独立を考えている人は多いと思います。

 

独立診断士のブログを見たり、あるいは知り合いの独立している診断士から、景気のいい話を聞くと皆さん楽しそうに見えます。

 

私の場合も、最初は独立志向はなかったのですが、4年もかけて診断士に合格したこともあり、急に気持ちが大きくなって、勢いで独立してしまいました。

 

会社を辞めてしばらくは惨憺な状況が続き、迷走してきましたが、独立3年目に入り、ようやく足元が見えてきた感じです。

このカテゴリでは、独立の可否をどのように考えるべきか、悲観的な話と希望を持てる話を織り交ぜながら、正直に述べていこうと思います。