10.専門書の勉強方法(中小企業診断士1次試験)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 これまで、述べた通り、診断士1次試験は、問題集中心の勉強として、基本参考書や用語辞典で補足して学習することで合格ラインには到達可能です。

 しかし、これらの勉強をしてきて、どうしても良くわからない苦手科目が出てくるでしょう。また、基本参考書レベルの知識では、二次試験への対応は難しいでしょう。

 

 よって、レベルを一ランク上げるために、専門書の勉強をお勧めします。

 勉強すべき分野は、二次試験の対応科目、財務会計、組織人事、運営・オペレーション、生産管理、マーケティングなどです。

 苦手な部分を克服して下さい。

 

 また、これまでに、基本参考書や問題集をやって知識の下地があれば、多少難しい専門書もスムーズに読めると思います。

SNSでもご購読できます。

RSS 中小企業庁

コメントを残す

*