Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

3.中小企業診断士1次試験の参考書の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

各社から出ておりますが、どれが良いかはここには書きません。本屋にいって自分で見て判断してください。選び方として、図表が多いか、文章の表現は理解しやすいかなどを基準として選ぶことを勧めます。

 迷ってしまうなら両方買いましょう。

 

1次試験合格に必要な書籍の種類を以下に示します。

 用語辞典:1冊

基本参考書:科目分 7冊+α

専門書:二次試験科目、特に生産管理と財務会計

過去問題集:1冊

問題集:2~3冊

その他:中小企業白書、白書早わかりなど

 

 基本参考書は、大きくは「詳細に書かれているもの」と「あっさり書かれているもの」に分かれます。どちらにするかは、個人の好みですが、個人的には、最初はあっさり系で揃えて、必要に応じて詳細なものを書い足していくことを勧めます。

 2社分あると補足的に使えて、不明部分を解消することに役立ちます。 

 

 専門書は、二次試験科目に該当するものは揃えた方がよいです。深く勉強して損はないです。私の場合は、科目の中で難解なのは、財務会計と生産管理でしたので数冊揃えました。

 

 問題集は、総問題量を過去問も含めて1500問程度は欲しいところです。

 

 白書については、早わかり、概要版で充分でしょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*