10.4年目の対処:その1(模試を受けまくる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マンパ、TAC、mmc、大原、LEC 、クレアールなど全部で10回受けました。

 

 模試受験回数が増えるたびに、場馴れして、最後まで疲れずに試験を楽しめるようになります。

 余裕ができると今まで見えなかった答えや設問者の意図も見えます。それに、周りの受験生が行う受験テク、マークのしかたなども参考になります。

経営改善においても暗黙知の形式知化などありますが、模擬試験においても2次試験参考書に書かれていない暗黙知のようなものが蓄積されていくことが実感できました。

場数の効果はすごいです。

評価は、各社の解法に準じていないので、最初はあまり良い成績はとれませんでした。

 ただ、後半になるにつれて良い評価もとれるようになってきました。

採点については、結構いい加減なものです。てにをはだけを赤書きしてあるものとかあまり参考になりません。

ひとつお勧めはmmcで、採点結果を30分程度の面談付きで解説してくれます。

私は、面談日の空いている週末の夕方などにして、1時間近くも指導してもらいましたが、これは参考になりました。

模擬試験10回も受けると、10万円くらいはかかります。


中小企業診断士サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*