専門書

3.中小企業診断士2次試験の参考書の選び方

 中小企業診断士の参考書は、1次試験参考書は割と豊富ですが、2次試験参考書になると、かなり少なくなってきます。

  2次試験に辿り着けるのは、1次試験者の15%程度なので受験者が激減し、また、2次試験からスクールに切り替える人も多いので、市場規模が小さいからでしょう。

  参考書に乏しい現実から、独学で2次試験に合格するには、もうあるだけ買ってしまった方がよいでしょう。

  本屋にある2次試験の参考書すべて買っても10冊程度と思います。

  内訳としては、

 解法に関する参考書:各社数冊

 過去問集・問題集:あるだけ、目標100事例

 

 市販の問題集をすべて購入しても、100事例は行かないかもしれません。

 事例の数は多い方がよいです。事例を収集するには、問題集については、毎年買ってしまってもよいでしょう。(前年に買ったものと内容が違うか確認して下さい)。

また、去年やおととしの中古本をネット販売で探すのもよいでしょう。

 模擬試験を1回受ければ、4つ事例を入手できることになります。(5回受ければ20事例入手)

 過去問集については、別の会社のものを2つ購入すると、同じ問題に対する各社の解法や考え方の違いがわかります。

5.中小企業診断士1次試験の勉強手順

勉強の手順のイメージは、以下になります。

基本参考書→問題集→基本参考書→問題集→必要に応じて専門

 

 この時、基本参考書(1科目)→問題集(1科目)で進めてください。基本参考書(7科目)→問題集(7科目)とやらないように注意しましょう。

 7科目全部基本参考書を読んで、問題集に行くと、最初に勉強した科目かなり時間が経っており、問題集をやる頃は忘れています。

 また、現在の診断士1次試験は、科目合格制であるので1科目づつマスターしていった方がよいでしょう。

 

10.専門書の勉強方法(中小企業診断士1次試験)

 

 これまで、述べた通り、診断士1次試験は、問題集中心の勉強として、基本参考書や用語辞典で補足して学習することで合格ラインには到達可能です。

 しかし、これらの勉強をしてきて、どうしても良くわからない苦手科目が出てくるでしょう。また、基本参考書レベルの知識では、二次試験への対応は難しいでしょう。

 

 よって、レベルを一ランク上げるために、専門書の勉強をお勧めします。

 勉強すべき分野は、二次試験の対応科目、財務会計、組織人事、運営・オペレーション、生産管理、マーケティングなどです。

 苦手な部分を克服して下さい。

 

 また、これまでに、基本参考書や問題集をやって知識の下地があれば、多少難しい専門書もスムーズに読めると思います。

3.まず、用語辞典を買おう(中小企業診断士の勉強方法)

独学の場合、「解らないところを聞けない」という欠点があります。

中小企業診断士の場合、勉強の範囲が広いため、どうしても、知らない専門用語や難解な事象が出てきます。

独学の場合、いちいちこれを、自分で調べて解決しなければいけないので、手間がかかります。

勉強のスムーズな進行と、モチベーションに大きな影響が出てしまいます。

その点、用語辞典は便利です。用語の意味を深く知る必要はないのです、用語辞典を使えば、その場その場で時間をかけずに不明な点を解消していくことができます。

私は、「中小企業診断士必携」という用語辞典を買いましたが、その他、経営用語やビジネス用語辞典なども良いかもしれません。

中小企業診断士を独学で取得する人は、必ず用語辞典を購入し、学習時に手元において活用しましょう。

また、用語辞典を読むことも以外と楽しいです。調べ物をして、その用語説明の不明点を芋づる式に、調べていくなど、勉強の息抜きとしてできますし、それが勉強になります。

4.参考書代をケチらない(中小企業診断士勉強方法)

中小企業診断士の勉強において、専門用語以外にも、苦手分野で、読んでも理解ができない、あるいはイメージできない場合があります。

独学の場合、「解らないところを聞けない」ため挫折の原因になりがちです。

 

この時、同じ分野で複数の参考書があれば、相互対比したりすることで理解が深まる可能性があります。

参考書はケチらない方がよいでしょう。

参考書一冊2千円程度はしますが、30冊買っても6万円です。

 スクールの年間数十万を考えれば安いものです。

投資の費用対効果としては、参考書代を節約するより数万の出費で早く合格する方がずっと利益は大きいです。

 

また、他人のお古の参考書を貰ったり借りたりすることは、できれば避けてください。

自分の経験からも、やはり、自分である程度は懐を痛めて購入すれば、もったいないので勉強しますが、他人からただでもらった場合、勉強のモチベーションが下がります。

 

それに、本に他人のマーカーや書き込みがあると非常に読みにくいですし、また、借りた場合など自分で自由にマークできないなど使い勝手もよくないものです。

 

参考書は、必ず自分のお金で買ってください。

不況で家計の厳しい方も多いと思いますが、こういう時代こそ自己投資を行ってください。購入時個別に判断していると迷いがでるので、最初に参考書予算として数万を確保して、そこから購入することが良いかもしれません。